空き家改修事業補助金制度

空き家を購入又は賃借した方が、その空き家の機能を向上するための改修工事を行う場合に、その工事費用の一部を補助する制度です。

補助の対象となる方(以下のすべてに該当する必要があります。)

・空き家を購入又は賃借した方で、空き家の所在地に住民登録し5年以上定住する意思があること
・空き家の所有者と3親等以内の親族でない方
・税金等に滞納がないこと
・過去にこの補助金の交付を受けたことのないこと
・その空き家に居住する方全員が暴力団員でないこと

補助の対象となる事業

・村内の業者と工事請負契約を締結した工事で、年度末までに完了する事業
・賃借契約の場合は、空き家の所有者から原状回復の免除及び5年間居住の用に供することに同意を得ている事業
・改修に関して、他の補助金の交付を受けていない事業

補助金の額

工事費の1/2以内 上限50万円

補助金の申請について

空き家改修事業補助金を申請される方は、下記の資料をご覧ください。
空き家改修事業補助金交付要綱(改正後)
筑北村空き家改修事業補助金様式(PDF)

筑北村空き家改修事業補助金様式(word)

空き家バンクについて

筑北村空き家バンクのご利用に関しては、下記のリンクをご参照ください。
筑北村空き家バンク