松本圏域に「新型コロナウイルス特別警報」が発出されました

令和3年1月5日、松本圏域に「新型コロナウイルス特別警報」が発出されました。
松本圏域においては、11月24日に感染警戒レベルがレベル3に引き上げられ、「新型コロナウイルス警報」を発出しましたが、その後も陽性者の確認が相次ぎ、県独自の感染警戒レベルにおいて、圏域をレベル4に引き上げる目安となる基準に該当し、また、集団発生や多数の感染経路が不明の事例などのリスクの高い事例が発生していることから「感染が拡大しつつあり、特に警戒が必要」な状態であると認められ、今回、松本圏域の感染警戒レベルがレベル4に引き上げられ、「新型コロナウイルス特別警報」が発出されました。

松本圏域 に おける県の対策強化について

松本圏域におけるさらなる感染拡大を防ぐため、県として実施する感染症対策を次のとおり強化します。
松本圏域にお住まいの方、訪問される方、事業者の皆様は、県の対策にご協力ください。
①高齢者や基礎疾患のある方へ感染リスクの高い行動の自粛について協力を要請します。
②感染拡大地域への不要不急の訪問の自粛について協力を要請します。
③感染拡大予防ガイドラインの遵守及び会食における基本的な感染防止策の徹底について協力を要請します。
④職場での感染防止対策の徹底をお願いします。
⑤クラスター対策のさらなる徹底を行います。
詳しくは、長野県のホームページをご覧ください。

~家庭、職場などにおいて基本的な感染症対策の徹底をお願いします~

一人ひとりの基本的な感染防止策(手洗い・手指消毒の励行、マスクの着用、定期的な換気など)が感染を拡大させない唯一の対策です。自分にも感染リスクがあることを理解していただき、今一度、基本的な感染防止策の徹底をお願いします。