筑北村新公共交通システム実証実験運行結果

筑北村新公共交通システム(時間帯デマンド型乗合バス)運行

筑北村では、より利用しやすい効率的な村営バスの運行を目指して、昨年7月より、新公共交通システム(時間帯デマンド型乗合バス運行)の実証実験運行を実施しました。

「地域の足」である公共交通を維持するために、この実証実験運行で得られたデータを基に筑北村にふさわしい公共交通の形を模索し、より良い公共交通環境を構築します。

実証実験運行期間中の実績は別紙のとおりです。

新公共交通システム実証実験運行実績(期間集計)

新しくユニバーサルデザイン車輌(4台)を導入しました。

8月1日&10月1日から新しく7人乗りワゴン車輌(計4台)を導入し運行を開始しました。新しい車輌は子供から高齢者まで全ての方が乗降しやすいユニバーサルデザイン仕様の車輌です。(本城・坂北エリア3台/坂井エリア1台)

愛称:「筑北デマンドバス & 筑北村営バス えべさー」

筑北地域でも年配の方を中心に使われている「えべ」(行こう、行こうよ、行きましょう)という意味の方言をもとに、地域住民の皆さんが普段からお互いに誘いあったり、連れだってこのバスを生活の足として利用し、慣れ親しんで欲しいという願いを込めて付けた名称です。

 

 

 

 

一般コミュニティ助成事業(宝くじ助成) 活用

 

 

 

 

長野県元気づくり支援金事業 活用

時間帯デマンド型乗合バスとは(本城・坂北地域限定 区域運行)

時間帯デマンド型乗合バスは、電話で予約し、自宅付近のデマンドバス停で乗り、行きたい場所の最寄りのバス停で降りるバス運行システムで、予約内容に応じて順次廻りながら、それぞれの目的地で降りる「乗合」方式の交通システムです。

運行時間:午前9時~午後3時まで(朝夕の時間帯は今迄通りの定時定路線バス運行)

運行エリア:デマンド型乗合バスで移動できるエリアは「本城・坂北全域」です。停留所は、現行の「定時定路線バス停」と同様ですが、新たにデマンドバス専用のバス停を設置して実証実験運行を実施しています。

利用登録・利用予約

登録は無料で、総務課窓口で登録申請を受け付けています。「利用登録票」に必要事項をご記入いただき提出してください。登録が完了しましたら利用登録証を交付します。
デマンドバス 予約・受付センター  ☎ 66-2300
(予約受付時間 平日のみ 午前9時~午後4時)
利用登録用紙はこちら 利用者登録様式

詳しくは、別添のチラシをご覧ください。

筑北村新公共交通システム実証実験運行チラシ

時間帯デマンド乗合バス運行エリア

バス運行時刻表(地域版)は、別添時刻表をご覧ください。(3月16日改正版)

村営バス坂北地域バス時刻表(H31.3.16改正

村営バス坂井地域バス時刻表(H31.3.16改正)

村営バス本城地域バス時刻表(H31.3.16改正)