【フラット35】地域活性化型及び筑北村空き家改修事業に係る相互協力に関する協定を締結しました!

平成29年9月1日付で独立行政法人住宅金融支援機構と上記協定を締結しました。更なる地域活性化が期待されています。

【フラット35】地域活性化型とは?

筑北村外から筑北村に移住された方が、「筑北村空き家改修事業補助金」と独立行政法人住宅金融支援機構が提供している全期間金利固定型の住宅ローン「フラット35」を併せて活用した場合に当初5年間の借入金利を引き下げる制度です。

対象となる方

●下記1及び2の要件を充たす方が対象者となります。

1.筑北村空き家改修事業による補助金対象者であること

空き家改修事業についてはこちらをご確認ください。

2.下記のすべての要件を充たす方
  • 筑北村外から筑北村に転入すること
  • 空き家を取得し改修事業をおこなうこと
  • 空き家の所在地に住民登録し、補助金の交付を受けた日から5年以上定住する意思のある者であること
  • 購入した空き家の所有者と3親等以内の親族でない者であること
  • 申請者または同居の親族に市区町村に納付または納入すべき税及び料金に未納がないこと
  • 過去にこの補助金の交付を受けたことがないこと申請者または、申請者と同居し、若しくは同居しようとする者が暴力団員でないこと

利用方法

【フラット35】を利用して取得した空き家の住宅改修を考えている方は、下記の書類を役場企画財政課まで提出してください。

  • 【フラット35】地域活性化型利用申請書(第2号様式)
  • 要件等確認チェックシート(第2号様式付表)
  • 筑北村への転入前及び転入予定の住所のわかる書類(住民票の写し、戸籍付表等)
  • 売買契約書の写し
  • 改修工事に係る見積書の写し

申請書類及びタイアップチラシは、こちらです。

【フラット35】地域活性化型利用申請書(第2号様式)及び付表(PDF)
タイアップチラシ(PDF)