【終了しました】ちくほく森のくすり塾 第1回「春の薬草探しハイキング」

春の里山を歩いて、身近にある薬草・野草について学びませんか?

【第1回は終了いたしました。沢山の方にご参加いただきありがとうございました。】

筑北村には、かつて、野山に自生する薬草などを調合し、「家伝薬=その家に代々伝わる妙薬」をつくる家が多数あったといいます。

そんな、くすりの歴史が深い筑北村で、フィールドワークを通して、身近な薬草・野草を観察し、学ぶ体験イベントを3回シリーズで開催します。

第1回目は、「春の薬草探しハイキング」

チベット医師であり、薬剤師である、小川康さんと、地域にお住いの薬剤師である玉井政彦さんのお二人の講師より、身近な野草・薬草の効能や、民間薬として用いられてきた歴史について解説していただきながら、春を迎えたちくほくの里山を歩きましょう。

山で摘んだ野草は、天ぷらにして味わいます。よもぎを使って草餅もつくってみましょう。

お申込み・お問い合わせ先
筑北村役場 TEL:0263‐66‐2211  FAX:0263-66-3656
長野県東筑摩郡筑北村坂北2187  担当:地域おこし協力隊 滝沢